メンタルヘルスと性格

メンタルヘルスは個人次第

性格がメンタルに及ぼす影響

メンタルヘルスについて考える際に気をつけなければいけないことは、一定の条件を当てはめても、各自の性格によってメンタルに与える影響は大きく異なるという点です。月に100時間の残業をしても、やりがいを持って取り組んでいる場合にはメンタルへの負荷がほとんど無いということもありますし、その逆に、たとえ残業がゼロだとしても心に大きく負荷がかかる場合もあるのです。周囲の評価を気にし過ぎてしまう人や、頑張りすぎてしまう性格の人は、休養をしっかり取ることに加えて、あまり小さなことで思いつめないようにすることがとても大事です。

メンタルヘルスの重要性

メンタルが強くなりたいと思う人は年々増えています。学生の時と違い、社会人になるといろいろなストレスに囲まれて、自分の心がもっと強ければ乗り越えられるのにと思うことが多いようです。その時に初めてメンタルヘルスマネージメントの重要性に気付きます。マネージメントといってもそれは難しいことではなく、メンタル面の健康を保つための自分なりの工夫をみつけるだけのことです。たとえば、仕事帰りにジムに通うとか、好きなお店をのぞいてみる、好きなお茶を飲むなど、簡単なことを実行するだけでメンタルヘルスを保つことにつながります。

↑PAGE TOP