メンタルヘルスは必要

メンタルヘルスを行うには

メンタルヘルスに対する考え方

メンタルヘルスについての考え方は、当事者の個人差など考慮に入れなければならず容易ではありません。労働者のメンタル的に抱える問題として当事者の自覚であったり、気のゆるみからくるものなどの観点から自己評価が行われる傾向が強く、メンタルな問題は当事者の考え方の尊重や個人情報の保護の配慮も重要となり把握も困難で、職場の環境が密接に関わり体の健康や心に比例する場合もあり、人事労務管理との協力連携なしにはメンタルヘルスケアは進みません。管理者の役割は重要で早期発見のためにも相談しやすい環境と適切な情報提供が必要です。

メンタルヘルスで大切なこと

人間はメンタルが弱っている時には、普段なら乗り越えられるストレスに対して、大きなダメージを受けてしまうことがあります。精神的にも肉体的にもダメージを受けてしまうと、負のスパイラルに陥ったように、より小さなストレスにでもダメージを受けてしまいます。この悪いサイクルを打破するためにも、メンタルヘルスはとても重要です。一人で頑張り過ぎずに、時には他人に甘えることも必要です。ポジティブシンキングで、新しいことが見えてくることもあります。健康な肉体と健康なメンタルで、上手にストレス社会を渡っていきましょう。

↑PAGE TOP